ドラッグスターの車種一覧です。排気量ごとに特徴をまとめました。

ローライダー(FXDL) エンジンの鼓動を求めるならこのハーレーだ!

ハーレーの中でも名車と言われる車種「ローライダー(FXDL)」の紹介になります。
長距離でも街乗りでもどちらでも対応できる2面性を持ったバイクなので、とても人気の高い車種になっています。

ダイナモデル

高速などで加速する際も、勢いがすごく、あっという間に制限速度域まで達します。

ローライダー(FXDL)の新車価格と平均中古車価格

新車価格:209万円
平均中古車価格:140.8万円(GooBike調べ)

どこのハーレーショップにも、1台は置いてあるほど人気な名車です。

こんな人におすすめです

このハーレーは、なんと言ってもエンジンの鼓動が素晴らしいです。
エンジンを掛けて、横から見ると、揺れているのがよく分かります。
これがカッコ良くて、このタイプのモデルを選ぶ人が多く、エンジン音もハーレーの独特な三拍子を出すことができます。
なので、エンジン音と鼓動を大切にし、街乗りでも長距離ツーリングでも対応できるバイクを探している方におすすめです。

インジェクションモデルには注意が必要!

2005年以降の高年式のタイプは、インジェクションモデルになっています。
ハーレーには、キャブ車とインジェクション車の2種類があり、最近のハーレーは、全てインジェクションモデルになりつつあります。

インジェクションモデルは、セルの一発始動で冬でもエンジンの掛かりは良いのですが、
三拍子と鼓動感が、キャブ車に比べると劣っています。
コンピューターのセッティングを調整することで、ある程度対策は可能です。

ですので、エンジンの鼓動と三拍子にこだわる方は、2004年式が最終キャブ車になります。

ローライダー(FXDL)参考動画