バイクに関連した記事をまとめました。参考になる様な記事を掲載しています。

  • 2016.03.06

ついに念願のハーレーを買う!ハーレーを購入するまでに考えたこと。

ハーレーを買うと決め、色々なタイプのハーレーを探しだしていると思います。
ハーレーは決して安い買い物ではなく、車と違い雨の日にはあまり乗れず、趣味のために100万以上のお金を出さなければ、手に入れることができません。
そのため、後悔しないように慎重に選ぶと思います。

そこで、自分がハーレーを買う際に気をつけたポイントやどうやって選んだのかをご紹介しようと思います。
ハーレー購入の際に参考になればと思います。

ハーレー買うまでに

ハーレー購入前に、決めること

ハーレーを購入する前に、まず色々な問題をクリアにしなければなりません。

  1. 家族の説得
  2. 予算はいくらか
  3. どのタイプのハーレーが欲しいのか
  4. どんな乗り方をしたいか

購入すると決めたら、まず真っ先にやらなければならないのが、
家族への説得です!

一人暮らしや、家族を説得済みの方は、この部分はクリアしているので、読み飛ばしてOKです。

現在バイク所有中なら、説得は早い!

現在、バイクに乗っており、買い換えるのでしたら、お金の問題と買う理由を説得できれば、
買い換えることはスムーズにでき、購入に一歩近づきます。
お金の問題を解決するには、ローンを組むや今のバイクを下取りや査定に出すのである程度は、
安く買えると説得することができると思います。

もし、現在所有中のバイクを売ろうと考えている場合「ネットでできる見積もり査定」を試すのをおすすめします。

上記のサイトなら簡単に現在の車種の査定額を出してくれますので、査定額を知っていくらぐらいの予算を確保できるのか検討してみてください。
値段交渉する際に、とても参考になりますので、いきなり一箇所で売る!とは考えずに複数で見積もることが大切です。

値段は秘密にするって手もありますが、あとあと面倒なことにもなりかねないので、正直に言うのをオススメします。

ハーレー愛を語り尽くす!

ハーレーを買うためには、なぜ買うのかを説明しなければなりません。
なぜ、ハーレーが良いのか他のバイクではダメなのか、そこを説明することができれば、家族なども納得してくれると思います。

例えば、

  • ツーリングメンバーが全員ハーレーで自分だけハーレーじゃないのは嫌
  • あのエンジン音は、ハーレーにしか出せないので。
  • 昔から憧れており、夢を叶えるため

ツーリングメンバーがハーレー乗りなら、自宅に招くなどして、家族などにアピールしまくる作戦も良いと思います。
そうすることで、どこかで納得してくれると思います。
何ヶ月掛かってもハーレーは逃げませんので、納得してくれるまで、粘りましょう

そして、次のな壁となるのが、お金の問題です。

ハーレー購入予算は、最低100万から!

ハーレーを購入しようと思うと、最低でも100万円は必要になり、そこからカスタムなどをしていくと、150万以上は軽くいってしまいます。
ですので、ハーレーを購入すると決意したら、予算の確保を優先してください。
ローンを組むにしても、それなりの年数を払い続けなければならないので、可能な限りローンを組まずに一括で買う勢いで、
お金を貯めて購入した方が、気が楽だとおもいます。

そして、中古車か新車を買うかで、予算が全然違ってきますので、そのあたりも考えておきましょう。

中古車か新車を買うならどちらがいいのか

最近のハーレーは、インジェクションモデルなので、冬場などセル一発でエンジンが始動し、車と同じ感覚で乗ることができますが、
コンピューターのセッティングをしないと、ハーレー独特な三拍子を出すことはできません。
インジェクションは、まだ最近搭載されたばかりで、歴史が浅いですが、キャブ車は今までのハーレーの長い歴史を支えてきていますので、その分安心感はあります。

ですので、キャブ車が欲しい方は、必然的に中古車しか選択枠がありません。

新車は、最先端の記述が組み込まれいますので、高速などクルーズコントロールを使用したかったり、
お金に余裕がある方は、新車が良いと思います。

ハーレーのタイプを間違えると後悔する!

購入する工程で、最も重要なのが、どんなタイプのハーレーに仕上げたいかをイメージできていること。
これを間違えると、自分が思っている理想のバイクの形にならず、カスタムしてもチグハグなハーレーが完成してしまいますので、
まず、どんなタイプが欲しいのかを考えましょう!
そして、どんな走りをしたいのかを考えましょう!

ハーレーには、6種類のタイプが存在しています。
この中から、自分がイメージしている理想のバイクがどれなのかを決めましょう。

STREETタイプ

ハーレーの中でも価格が一番安く、新車でも85万円から購入することができます。

ストリートタイプ

ストリートタイプですので、都会などを走るのに向いており、排気量も750ccで重量も230kgと非常に走りやすいタイプになります。
このハーレーが欲しい方は、主に街中をメインとして使う方が良いと思います。

SPORTSTERタイプ

スポーツスタータイプは、ストリートタイプでは満足がいかなく、もうワンランク上のタイプが気になっている方向けだと思います。

スポーツスタータイプ

価格も100万円台ですので、ハーレーの中でも安い方に分類します。
排気量も1200ccあり、高速でも楽に走ることができ、カスタムも豊富で、ハーレーの中でも50年以上の歴史があるタイプになります。
女性にも人気が強い車種となっており、とても乗りやすく加速感あるハーレーだと思います。

DYNAタイプ

このタイプの特徴は、とにかく鼓動がすごいところです!

ダイナタイプ

スタイルもスポーティーで格好良く、ハーレーの鼓動がダイレクトに身体に伝わってきますので、若い方にも人気があります。
チョッパースタイルにカスタムしたい方は、ダイナタイプですね。
大排気量で、長距離ツーリングにも適しており、スタイリッシュなハーレーが欲しい方にオススメです。
自分の友人もこのタイプのハーレーに乗っており、エンジンの揺れ方がすごくカッコイイので、信号機で止まっている時など良く見てしまいます(笑)

SOFTAILタイプ

このタイプから、200万円台になり、装備品も豪華になってきます。

ソフテイルタイプ

そして、ソフテイルの最大の特徴は、あらゆるカスタムがこなせるということです。
カスタムパーツが非常に多く、外見だけなら、どんなタイプにでもやろうと思えば可能です。
そして、特徴的なのが、サスペンションが1つなところです。他のタイプは、リアタイヤの横に2本のサスペンションがむき出しで装備されているのですが、ソフテイルのみシートした付近に1本のサスペンションが装備されています。
これによって、フレームがより美しく見える工夫がされていますので、サスペンションが見えない構造が言い方は、ソフテイル1択になると思います。

V-RODタイプ

ハーレーの中では、珍しい水冷タイプのバイクになります。価格は200万円台

V-RODタイプ

他のタイプは、全て空冷なのですが、このタイプだけは水冷になっており、YAMAHAのV-MAXと比べられる事が多いです。
デザインが最先端のバイクといった感じがしており、とにかく走りに拘った設計になっているバイクです。
ハーレーは、「走らない、止まらない、曲がらない」と言われているのですが、このタイプはその正反対で、「ものすごく加速し、よく止まり、よく曲がる」車体なので、ハーレーの鼓動+走りを求める方にオススメです。

TOURINGタイプ

ハーレーと言ったらこの形をイメージする方も多いのではないでしょうか。

ツーリングタイプ

価格も、300万を超えます。
ツーリングタイプは、長距離を走ることを目的としていますので、重量は300kg以上ありますが、物を多く積み込めますので、
どこかにツーリングにいき、お土産などを、多く買う人にとってはもってこいのバイクになります。
高速を走っていても、疲れを感じさせないの工夫の一つに、ウインドシールドが標準搭載だったりと、装備品も豪華になっています。

ハーレーなどの画像は、公式サイトで一度見てみて下さい。

自分の場合、「荷物が積めて」、「ハーレーの三拍子が出せて」、「振動を感じ」楽しみながら走りたいという気持ちがありましたので、
ソフテイルかツーリングタイプのどちらかを買うと決めました。
ダイナ系のような、チョッパースタイルもすごくカッコイイと思っていたのですが、クラシックタイプが好きだったので、
FLSTNかFLHRのどちらかに選択枠が縮まり、あとは予算との相談でした。

まとめ

ハーレーを買うと決めたら、後悔しないために、必ずどんなバイクに仕上げたいかをイメージをしてください。
そのイメージに近いバイクを買うことで、低予算でも理想の完成形に近づけることができ、失敗するリスクも減ります。
そして、必ず実物を見て、乗ってみてください。
自分が思っている以上に、加速するバイクだったり、あの大きさなのに、乗ったら意外と普通に乗りこなせるなど、発見が沢山ありますので、
試乗会やハーレーショップに何度も訪れ、自分の理想のハーレーを購入しましょう!

ハーレーは、価格は高いが世界に一つだけの愛車に仕上げることができ、ブランド認知度も高いため、圧倒的存在感があります!

是非、楽しいハーレーライフを!