― TITLE ―国産アメリカンを買うかハーレーを買うか迷っているあなたへ!どちらを買うと良いのか紹介!

アメリカンバイクが好きで、ハーレーに憧れをもっているが、価格が高いため国産アメリカンの「ドラッグスター」や「イントルーダー」などを買おうか迷っている方は多いと思います。
そこで、国産アメリカンのドラッグスターからハーレー乗り換えた経験がありますので、どちらを買うとあなたにとって、良いのか参考にしていただければと思います。

国産アメリカンかハーレーを買うか

まずは、国産アメリカンのメリットについて

国産アメリカンの良いところは、アメリカンタイプなのに軽快な走りを楽しむことができるところです。
アメリカンの特徴としては、「走らない、曲がらない、止まらない」と言われており、非常に扱いが難しいと言われているのですが、国産アメリカンは、日本人の体型や、日本の交通事情等に合わせて作られていますので、とても軽快に走ることができます。

ドラッグスター400と1100を乗り継いだ経験から感じることは、「よく走り、曲がり、よく止まる」と言った感じです。
フロントブレーキだけや、リアブレーキだけでちょっと掛ければ、スムーズに止まります。
そして、ハーレーらしい風格になっており、素人からすると見分けが付かないと思います。

アメリカンスタイルで走りを楽しみたい方は「国産アメリカン」がオススメ!

上記で述べたように、国産アメリカンは、よく走りますので、とても乗っていて気持よく走ることができます。
そして、マフラー音も静かで、近所迷惑にもなりませんし、重量も250kg以下のものが多いので、女性でも簡単に扱うことができるバイクです。
ただし、ハーレーと並ぶとどうしても、音などの迫力に負けてしまいますが、素人からみたら、同じバイクとしか見られないため、
1~2人でのツーリングでしたら、特に周りの目などは気にしなく、走りを楽しむことができます。

アメリカンなんだけど軽快に走りたく、かつ費用を抑えたい方は国産アメリカンがオススメです。
その中でも、「ドラッグスター」や「バルカン」や最近では「レブル」あたりがが一番カスタムしやすく走りやすく、日本で一番人気のある国産アメリカンになります。

国産アメリカンの平均中古車価格は、30~40万円前後ですので、免許取り立ての方にもオススメできます。
※レブルは大変人気車種のため、気に入った車種があったらすぐに購入がおすすめです。

では、ここからはハーレーを買ったほうが良い方についてになります。

ハーレーのメリットについて

ハーレーはなんといっても、アメリカンバイクの王と言ってもいいほど人気があり、知名度も高いバイクになります。
そして、あの独特なエンジン音は、国産アメリカンにはとても出せない三拍子のサウンドを奏でるので、ハーレーに魅力される人は、この音が好きで買う人も多いと思います。
ハーレー魅力については、こちらの記事にあります。

そして、カスタムパーツの多さは、世界一なので、どんなカスタマイズも可能になっており、オリジナルの1台を完成させることができます。

世界に一つだけの愛車に仕上げ、長く乗りたい方は「ハーレー」がオススメ!

ハーレーの魅力は、「エンジン」になります。
見た目だけでしたら、国産アメリカンでもどんなカスタムも可能ですが、エンジンの鼓動だけは模倣できません。

そのため、ハーレーの「音が好き」「鼓動が好き」という方なら、迷わずハーレーを買うべきです。
エンジンの鼓動とフレーム設計が合わさり、鼓動がダイレクトに体で感じることができます。
ハーレーでは、スマホを車体にマウントしておくと、カメラが振動で壊れたなど声が上がっています。

また、カスタムパーツが豊富かつ、イベントもかなり多いです。
イベントなどでは、色々なカスタムバイクを知ることができ、どれを見ても同じハーレーは存在しません。

ハーレーに乗っていると、ハーレー仲間に話を掛けられたりと、どんどん仲間が自然と増えていきます。

ハーレーのエンジン音や鼓動を国産アメリカンで出すのはどうやっても不可能なので、
あのエンジン音を楽しみたい方は、ハーレーを買うしかありません。

ただし、価格が高いですので、気軽に買えるものでもありませんね。
価格が高いだけに、大切に乗る方が多く、状態の良い中古車が多く売られています。

ハーレーの平均中古車価格は、100~200万円前後になります。
カスタム次第では、300万を軽く超えます・・・。

最後にまとめると

国産アメリカン向けの人 ハーレー向けの人
アメリカンスタイルで走りを楽しみたい 三拍子の独特なエンジン音を楽しみたい
費用を抑えたい エンジンの鼓動をダイレクトに感じる車体に乗りたい
乗り心地を重視したい ハーレー仲間を作りたい

是非あなたが、どちらのバイクを買うべきなのか参考にして頂ければと思います。

― CATEGORY LIST ―